北米(NA)メガサーバー
火曜 17:00 から


092
最新のコメント
The Elder Scrolls Site Link
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

top_navi_feedly

記事投稿日:2014.4.28 15:57

公式Tumblr
047

※当ブログ独自の意訳により一部読みやすく改変しています。

題:『Tower of Adamant』
著:Hrerm House-builder ソリチュード吟遊詩人大学




スカイリムにはディレンニの塔(Direnni Tower)のようなものは無い。
ハイフロスガーを除いては。

もし伝説の語るところが真実であるのならば、メン(Men)あるいはマー(Mer)の手で造られたものではく、エイドラ自身の手によるものだという。


用語解説
ディレンニの塔(Direnni Tower)

用語解説
ハイフロスガー

用語解説
メン(Men)・マー(Mer)

用語解説
エイドラ


イリアック湾、バルフィエラ島の高き中心よりそれは起立し、飾り気もなく、傾きもなく、時間の夜明けより佇んでいる。

ムンドゥスにあるどの建物よりも古く、風化しない未知の素材で建てられているそれは、アダマントの塔と呼ばれている。


用語解説
ムンドゥス


第一紀の始まり頃、バルフィエラ島は
ディレンニ一族と呼ばれるハイエルフ達が支配しており、塔の周囲に住みついた彼らの名を冠し、現在でも一般的にディレンニの塔と呼ばれている。

私はAlinorのハイエルフたちに助言を求めたことはないが、ディレンニ一族の貴族Croidenは、いくつかの質問に快く応じて頂いた。

彼によると、塔は、夜明けの時代(Dawn Era)、神々がムンドゥスの命運を決定するための会合を開いた時に建設されたものであった。
その頂きにおいて、Aldmerの偉大なる神オーリエルは詐欺師ロルカーンを殺害し、彼の心臓に矢を突き刺して、世界の彼方へそれを放った。


用語解説
夜明けの時代

用語解説
オーリエル

用語解説
ロルカーン


それ以降、エイドラはムンドゥスの情勢からは身を引いた。
そして残された塔はディレンニ一族が発見し、彼らのものとした。


どんな秘密を彼らはそこに見つけたのだろうか?
彼らは、今日に至るまで何を隠しているのだろうか?

秘密がなんであれ、ディレンニ一族はこの謙虚なノルドの建築家にはそれを明かしてはくれなかった。


しかしながら、秘密が存在しないわけがない。

なぜなら、わたしは八つのポイントから、ディレンニの塔を測定してみたことがあるのだが、私の計算と、塔に使用されている建材の特性を考えると、その規模の建築物を建造することは不可能だからだ。

このブログは、MMORPG『エルダースクロールオンライン』の攻略・情報、アドオンのレビューを掲載しているサイトです。
View Results…結果表示
About the author
otyahanabiおちゃはなびTwitter
とりあえずなんでもプレイしてみるおっさん。ポケモンがクリアできない。
higeyosiひげよしTwitter
銃と洋ゲーが大好きな南国のおっさん。ゲームは積むものだと思っている。
higeyosiwith ソウルレスの皆さん
コメントをくれるソウルレスの皆さん。
日夜タムリエルを警護している。
esoui
This fan site is not affiliated with ZeniMax Media Inc. or any of its subsidiaries. Including, but not limited to, Bethesda Game Studios and ZeniMax Online Studios.
The Elder Scrolls® images © ZeniMax Media Inc. / Forum content © The Tamriel Times
画像・文章の無断転載は禁止