北米(NA)メガサーバー
火曜 17:00 から


092
最新のコメント
The Elder Scrolls Site Link
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

top_navi_feedly

記事投稿日:2014.4.28 16:28

公式Tumblr
047

※当ブログ独自の意訳により一部改変している場合があります。

題:『Fang of the Sea Vipers』
著:Telenger the Artificer



女王陛下の顧問Nuulehtelの要請に従い、一般にシーエルフ(Sea Elf)として知られるピャンドニア(Pyandonea)マオーマー(Maormer)についての簡潔な報告書を編集した。
直ちに目を通し、知識の光に汝の恐怖を振り払わんことを。


用語解説
マオーマー、ピャンドニア


彼らの古代史はドミニオン全域でよく知られているため、ここでは詳しく語る価値はない。
Orgnum「王」として知られるアークメイジが霧深い島で追放者たちを長く率いていると言えば十分だ。
彼は若さと力を引き伸ばすために、穢れた呪文、儀式、生贄を利用している。


同じく、聞いたであろう別の噂についてもまた、真実である。
Orgnumの儀式は、マオーマーがサーペントを支配するものである。

艦隊と供に移動する巨大なサーペントの他、サーペントに騎乗し波乗りをこなす技法に熟達した者もいる。


現在、オーリドン(Auridon)を脅かす艦隊は、シーバイパー(Sea Viper)と名乗っていることが判明した。
近年の同盟戦争の裏で、バイパーズはオーリドンと本土の周辺の海へと侵攻している。
日和見主義的なマオーマーは、現在は同盟間の戦争において自分たちの勝利を望んでいる。


用語解説
オーリドン(Auridon)


ドミニオン海軍、オーリドン第一海兵隊、そしてその他は現在、マオーマーの侵攻を停止させる準備を始めている。
もしバイパーズの兆候を見かけたら、直ちに自らのCanonreeveもしくは最寄りのドミニオンの役人に報告すべきだ。


イーグルス(Eagles)よ、毒蛇が我らの巣を乗っ取ることは無いと知るべし。警戒せよ、だが勇気を持て。

用語解説
イーグルス


このブログは、MMORPG『エルダースクロールオンライン』の攻略・情報、アドオンのレビューを掲載しているサイトです。
View Results…結果表示
About the author
otyahanabiおちゃはなびTwitter
とりあえずなんでもプレイしてみるおっさん。ポケモンがクリアできない。
higeyosiひげよしTwitter
銃と洋ゲーが大好きな南国のおっさん。ゲームは積むものだと思っている。
higeyosiwith ソウルレスの皆さん
コメントをくれるソウルレスの皆さん。
日夜タムリエルを警護している。
esoui
This fan site is not affiliated with ZeniMax Media Inc. or any of its subsidiaries. Including, but not limited to, Bethesda Game Studios and ZeniMax Online Studios.
The Elder Scrolls® images © ZeniMax Media Inc. / Forum content © The Tamriel Times
画像・文章の無断転載は禁止